優勝に貢献。

前田引退かー・・・・・・。前田選手遂に引退へ、、 イチローや落合に天才と言われる才能を持ちながらも、
二回のアキレス腱断裂などのケガを経験し、

それを乗り越えての通算打率がプロ歴代7位。 お疲れ様でした。 理想捨てても「天才」=前田智、最後までけがと戦う-プロ野球  前田智は自らのプロ生活を「つらい野球人生」と表現した。けがが前田智の全てを変え、その時から敵は投手だけでなくなった。  スタートは順風満帆。高卒新人で1軍出場を果たし、ヤミ金嫌がらせ翌年ゴールデングラブ賞に選ばれるなどリーグ優勝に貢献。3年目から3年連続で3割を打った。走攻守3拍子そろう若武者は米大リーグの憧れも口にしたが、夢物語ではなかった。  
1995年5月23日のヤクルト戦(神宮)。一塁へ駆け込む際、表情がゆがんだ。右アキレスけん断裂。「本当にどうしていいか分からない。自分自身嫌になって過ごしていた」。終わりなき戦いが始まった。  バランスが悪くなり故障を繰り返す。2000年には左アキレスけんまで手術。「理想を捨てた」と言う。それでも、打撃センスに変わりはなかっ た。