歯周病

WHOは、身体に害を与えるUV-Aの極端な浴び過ぎがお肌に健康障害を招く可能性が高いとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日焼けサロンを使用することの禁止を広く世界中に勧告中です。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、脳梗塞を始めとする非常に多くの健康障害の合併症を誘発する恐れがあることをご存知でしょうか。
一度永久歯の表面の骨を減らすまでに悪くなってしまった歯周病は、多分症状自体が治まったとしても、失った骨が元通りに再建されるようなことはないと言われているのが現状です。
20代、30代で更年期がやってくるとすれば、医学用語で表すとPOFという女性疾患に当てはまります(日本の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言います)。
汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、または指と指の間などにちっちゃな水疱が現れる症状で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出ると水虫と思い込まれることが結構あります。
下腹部の強い痛みをもたらす病気の一例として、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などがまずみられます。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番代表的な中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。激しい耳の痛みや38℃以上の高熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が発生するのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に手や足が何も感じなくなったり脚の著しいむくみなどが目立ち、病状が進むと、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全などを誘発する可能性があるということです。
エネルギーとしてすぐに役立つ糖、新陳代謝に欠かせないタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこの様々な活動を維持するために欠かせない栄養素までもを減らしてしまう。
暗い場所では光量不足によってものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余分なエネルギーが使われ、結果的に光の入る場所でモノを眺めるより疲労が大きいと言えます。
H17年より新しく特保の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の一文を表示すること義務となった。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる特殊な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに欠かせない酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する物質となるミネラルの一つです。
塩分と脂肪の大量摂取をやめて自分に合う運動を行い、ストレスの多すぎないような毎日を心がけることが狭心症をもたらす動脈硬化を事前に予防する方法です。
食べ過ぎ、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化など様々な誘因が混ざると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患します。
抗酸菌の結核菌は、感染した人が咳き込むことによって外気や内気の中に排出され、空中でフワフワ動いているのを他の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって感染していくのです。