病原微生物

UVB波は、UVA波より波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を破損させるなど、皮膚に悪い影響を与えることが明らかになっています。
バイ菌やウィルスなど病気を生む病原微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺へ忍び入って罹患し、肺そのものが炎症を起こしてしまっている境遇を「肺炎」と呼ぶのです。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを控える、食事をわざと残す、といった暮らし方がひいては栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を招いていることは、多くの医師が問題視されています。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格のない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの指示通りにケアすることで、心臓が細かく震える心室細動に対する応急処置の効き目を患者に与えます。
常時ゴロンと横向きになってテレビを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、踵の高い靴を毎日履いたりという癖や習慣は身体の上下左右の均衡が乱れる元凶になります。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる要因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇等が考えられます。
最も大きな臓器である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭に様々な生活習慣病の合併症を起こすかもしれないのです。
スギの花粉が飛ぶ春に、子どもが体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止んでくれないケースは、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあります。
WHOは、身体に害を与えるUV-Aの異常な浴び過ぎは皮膚病を起こすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を主に先進国に勧めています。
物を食べる時は、食べる物を気軽に口へ入れたら幾度か咀嚼して嚥下して終わりだが、それから人体は実に健気に活動し異物を人体に取り入れる努力を続けているのだ。
ピリドキサミンには、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するために欠かせない回路にいれるため、一層化学分解するのを助けるという作用もあると言われています。
HIVを持った精液や血液、母乳、腟分泌液、唾液などの体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れることで、HIV感染の可能性が大きくなります。
クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出量に比例しているかのように酷くなるという特性があるということが明らかになっています。
ストレスが溜まっていくプロセスや、手軽なストレスを緩和する方法など、ストレス関係の全体的な知識を保持している人は、現時点ではまだ少ないようです。
めまいは診られないのに、不快な耳鳴りと難聴の症状を何回も繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する症例もあるそうです。