自覚症状

薄暗い所では光不足によりものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費され、日の差す所で物を見るより疲労がおおきくなります。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、約1週間きちんと服薬すれば、原則として90%近くの患者さんの自覚症状は治まりますが、とはいえ食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が治癒したわけではないようです。
普段から横向きのままでテレビを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴などを履くということは身体の上下左右の均衡を悪くする素因になります。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は比較的若い男性に症例が多く、大抵は股間部にのみ拡大し、激しく身体を動かしたり、入浴した後など全身が温まった時に強烈なかゆみを招きます。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まり、血流が止まり、酸素や色々な栄養が心筋に送られず、筋細胞そのものが機能しなくなるという怖い病気です。
HIV、すなわちエイズウイルスを持つ血液や精液のほか、母乳、腟分泌液、唾液などのあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに接触すると、感染の危険性が大きくなるのです。
トコトリエノールの働きは抗酸化効果がもっとも知られていますが、それ以外にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えるというようなことが確認されています。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食事や体を動かすことは無論、心身の健康やビューティーのために、特に摂りたい栄養を補うために数種類のサプリメントを採用する事が普通になっています。
汗疱(かんぽう)は主に手のひらや足の裏、または指の隙間などにプツプツとした水疱がみられる皮膚病で、基本的にはあせもと言い、足裏にできると足水虫と思い込まれることがよくあるようです。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですが細菌性の場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
2005年2月1日より新たに全ての特定保健用食品のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような言葉の記述が義務化した。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大変強靭で軽量な上に耐久性があり、雨などで濡らしてしまってもふやけずに使えるという特長があるため、現在用いられているギプスの中でも定番と言っても過言ではありません。
肝臓を健やかにキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する力が下がらないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓を老けさせない対処法に地道に取り組むことが効果的だと言われています。
AIDSというのはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染により罹患するウイルス感染症であって、免疫不全となって些細なウイルスなどが原因の日和見感染やガン等を複数発症してしまう症候群そのものを指し示します。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が出現することがあるので急を要する健康障害ではないのですが、短い期間で発作が繰り返して起こる時は危ないといえます。